Home
Papers Presented at Various Conferences
by Yoko Iyeiri
Yaguchi, Michiko, Yoko Iyeiri & Yasumasa Baba. "Subjective and Objective Hedges in the Use of Modals of Obligation in American Professional Speech in Public Contexts". 10th International Symposium on Politeness, 13 July 2017. York St John University.

「英語史研究におけるヴァリエーションの扱い―歴史社会言語学と歴史語用論の実際ー」 第1回HiSoPra*研究会(歴史社会言語学・歴史語用論研究会) 大討論会「社会と場面のコンテクストから言語[変化]の歴史を見るということ―歴史社会言語学・歴史語用論の現在そして未来」2017年3月14日、学習院大学.

「英語の否定構文とJespersenのサイクル」日本英語学会第34回大会シンポジウム「―意味・機能の縮小と拡張―」2016年11月13日. 金沢大学.

"From hit to it: h-dropping in later Middle English". FWF – JSPS Bilateral Joint Research Seminar "Historical Sociolinguistics", University of Salzburg, 14 September 2016.

「コーパス時代の英語学研究と歴史社会言語学の潮流」 関西言語学会第41回大会シンポジウム「歴史言語学の新しい潮流―歴史語用論と歴史社会言語学―」 2016年6月11日. 龍谷大学深草キャンパス.

"Recent Grammatical Changes in Contemporary British English: Verb Complementation in Academic Writing". 2016 Hawaii University International Conferences on Arts, Humanities, Social Sciences and Education, University of Hawaii, 9 January 2016.

「Forbidのfrom –ing構文――通時的・共時的視点から見た現代英語の変化――」 (Forbid + froming in Present-day English: Synchronic and Diachronic Perspectives) 日本英語学会第33回大会(招待発表). 2015年11月22日. 関西外国語大学.

「Algate(s) と alway(s)――中英語テキストを中心に」 日本英文学会関西支部第9回大会(招待発表). 2014年12月21日. 立命館大学衣笠キャンパス.

Yoko Iyeiri, Michiko Yaguchi and Yasumasa Baba. "Negation and Speech Style in Professional American English". ISLE (The International Society for the Linguistics of English) 3, University of Zurich, 24 August 2014.

"Syntactic Variation and Change Relating to Causative make in Early Modern English". 18th International Conference on English Historical Linguistics. KU Leuven, 16 July 2014.

「変容する英語―英語史から英語教育へ」 日本英文学会第86回大会シンポジア第12部門 「グローバル時代の英語教育-英語史からの貢献」 2014年5月25日. 北海道大学.

内田充美・家入葉子. 「キャクストン訳Paris and Vienne に見る理由を表わす接続表現―フランス語版との対比から」 英語史研究会第24回大会.  2014年4月12日. 兵庫教育大学神戸ハーバーランドキャンパス.

家入葉子・内田充美. 「中英語とフランス語の接触――キャクストンの翻訳を通して」多言語主義と歴史言語学――言語を超えた歴史社会言語学研究(京都大学学術融合教育研究推進センター主催、ワークショップ). 2014年3月11日. 京都大学.

"The Verb Prohibit and its Complementation in Early Modern English: A Historical Survey". The 12th Hawaii International Conference on Arts and Humanities. Honolulu, 11 January 2014.

「英語史研究とコーパス利用」 英語コーパス学会シンポジウム「私のコーパス利用」 大阪大学(豊中キャンパス). 2013年4月27日.

"Cognitive Processing and Different Forms of Negation in Chaucer’s Prose Works". The 11th Hawaii International Conference on Arts and Humanities. Honolulu, 11 January 2013.

"The Pronoun it and the Dating of Middle English Texts". The 4th International Conference of the Society of Historical English Language and Linguistics (SHELL 2012). Keio University, 1 September 2012.

"Adverbial Clauses in the Paston Letters". 17th International Conference on English Historical Linguistics. University of Zürich, 22 August 2012.

守屋靖代、松田隆美、池田真、家入葉子. 「日本の大学院で英語史英文学史を学ぶ――カリキュラムの特徴とアドバンテージ」 日本中世英語英文学会東支部第28回研究発表会ワークショップ. 2012年6月16日. 信州大学.

"Infinitives in Two Different Versions of Travisa’s Middle English Translation of the Polychronicon". The 10th Hawaii International Conference on Arts and Humanities. Honolulu, 10 January 2012.

「Pepys版『キリストの受難の黙想』の言語分析とA Linguistic Atlas of Late Mediaeval English」 (Analysing the Language of the Middle English Version of the Meditations on the Passion of Christ in MS Pepys 2125 by Using A Linguistic Atlas of Late Mediaeval English) 日本中世英語英文学会第27回全国大会. 2011年12月3日. 大東文化大学板橋キャンパス.

「John Trevisaの翻訳による Polychronicon の言語――MS Cotton Tiberius D. VIIとキャクストン版の比較」 英語史研究会第21回大会. 2011年10月8日. 大阪大学言語文化研究科.

"From Alway to Always in the Early Modern English Period". MMECL 2011: Middle and Modern English Corpus Linguistics. Osaka, 26 August 2011.

"The to-infinitival Construction of the Verb convince in Contemporary American English". 4th International Conference on the Linguistics of Contemporary English. Osnabrück, 20 July 2011.

田口まゆみ・家入葉子. 「Pepys版『キリストの受難の黙想』の校訂に向けて」(Editing the Middle English Meditationes de Passione Christi in MS Pepys 2125) 日本中世英語英文学会第26回大会. 2010年12月4日. 大阪学院大学.

「Convinceに続く不定詞構文の拡大――通史的な視点から」(The increasing frequency of convince someone to do something: A diachronic approach) 日本英語学会第28回大会(招聘発表). 2010年11月13日、日本大学文理学部.

Yaguchi, Michiko, Yoko Iyeiri, & Yasumasa Baba. "The Use of Prepositions by Professional American English Speakers in Public Contexts". IGALA6. Tsuda College, Tokyo. 20 September 2010.

Yoko Iyeiri, Michiko Yaguchi, & Yasumasa Baba. "Try to do and try and do in Spoken American English". Awareness Matters: Language, Culture and Literacy. The 10th International Conference of the Association for Language Awareness. University of Kassel. 27 July 2010.

Taguchi, Mayumi & Yoko Iyeiri. "The Pepysian Version of the Middle English Meditationes de Passione Christi". Mapping Late Medieval Lives of Christ. Queen's University Belfast. 12 June 2010.

"Another Look at Fragments A, B, and C of the Hunter Manuscript of The Romaunt of the Rose : A Linguistic Analysis". Hawaii International Conference on Arts and Humanities, 8th Annual Conference. Honolulu. 13 January 2010.

「否定を含意する動詞とその補文構造の歴史的変遷」 日本英文学会九州支部第62回大会シンポジウム「意味と形式の変化の諸相」 2009年10月24日. 宮崎大学.

"Causative make and its Complements in Late Middle English: Using the ICAMET or the Innsbruck Computer Archive of Machine-Readable English Texts". MMECL: Middle and Modern English Corpus Linguistics. Innsbruck, Austria. 7 July 2009.

「中英語文学作品の校訂を考える――ChaucerのBoece を中心に」 日本英文学会第81回全国大会(招待発表). 2009年5月31日. 東京大学駒場キャンパス.

"Changing Patterns of Complementation of the Verb deny in the History of English". ICAME 29. Ascona, Switzerland. 18 May 2008.

"Money makes the mare to go or Money makes the mare go: The verb to make and its causative constructions in Caxton’s English". The 6th Hawaii International Conference on Arts and Humanities. Honolulu. 12 January 2008.

「The Oxford English Dictionaryの引用文データを利用した英語史研究――doubtの検索例を中心に――」 (The Use of the Electronic Version of The Oxford English Dictionary in English Historical Linguistics: A Syntactic Analysis of the Verb to doubt) 日本英語学会第25回大会シンポジウム「コーパスを利用した英語史研究の現状と課題」. 2007年11月11日. 名古屋大学.

"The Verb prevent and its Changing Patterns of Complementation in the History of English". SHELL2007 (The Society of Historical English Language and Linguistics, International Conference). Nagoya, 8 September 2007.

Yoko Iyeiri, Michiko Yaguchi, & Yasumasa Baba. "Turn-initial Words in The Corpus of Spoken Professional American English". ICAME 28. Stratford-upon-Avon. 26 May 2007.

家口美智子・家入葉子・馬場康維. 「アメリカ知識人話者の公の会話における人称代名詞 I と you の使用のジェンダー差について」 社会言語科学会第19回大会ポスター. 2007年3月3日. 日本大学文理学部.

"The Historical Development of the Verb doubt". Exploring the Lexis-Grammar Interface (ELeGI) International Conference. Leibniz University of Hanover. 6 October 2006.

「史的コーパスを利用した英語史研究――中英語後期の文献の分析例から――」 日本英文学会第78回大会シンポジウム「中世文献の電子ファイル化とその利用」 2006年5月21日. 中京大学名古屋キャンパス.

“The Development of the Verb pray in Later Middle English: The Cases of Chaucer and Caxton”. The 4th Hawaii International Conference on Arts and Humanities. Honolulu. 12 January 2006.

「英語史教育と英語史研究―英語史を取り巻く環境の変化と今後の方向性―」 英語史研究会第14回大会シンポジウム「日本における英語史教育」 2005年9月24日. 九州大学六本松キャンパス.

“The Development of Non-assertive any in the Paston Letters”. SHELL2005 (The Society of Historical English Language and Linguistics, International Conference). Chiba, 1 September 2005.

"Old and Middle English in Japan". The 5th Annual Wenshan International Conference: English Studies in Asian Countries. 19 March 2005. National Chengchi Univ. Wenshan, Taipei.

「18世紀文学作品の英語における否定構文――助動詞 do の発達との関連から」日本英文学会九州支部第57回大会シンポジウム「英語史の観点から18世紀英語を考える」 2004年10月23日. 九州大学六本松キャンパス.

家口美智子・家入葉子・岡部浩子 「アメリカ知識人話者の強意語の使用におけるスタイルとジェンダー差 」第14回社会言語科学会大会. 2004年9月5日. 東京大学本郷キャンパス.

家入葉子・家口美智子・岡部浩子「Corpus of Spoken Professional American-Englishにおける文体とジェンダーにかかわる諸問題――接続詞の分析から――」(Style and Gender Distinctions in the Use of Conjunctions: An Analysis of the Corpus of Spoken Professional American-English)英語コーパス学会第23回大会. 2004年4月24日. 京都外国語大学.

Yoko Iyeiri, Michiko Yaguchi, & Hiroko Okabe, “To be different from or to be different than in Present-day American English: A Study of Style and Gender Differences Using the Corpus of Spoken Professional American-English”. DIATYPE: Symposium on Diachrony, Dialectology and Typological Linguistics. Helsinki, 17 October 2003.

「18世紀英語の否定構文についての一考察――否定の副詞notを含む文を中心に――」英語史研究会第10回記念大会シンポジウム「英語史の観点から18世紀英語を考える」2003年9月27日. 九州大学六本松キャンパス.

「否定のサイクルに関わる一考察――中英語から初期近代英語をめぐって――」日本英文学会第75回大会シンポジア第7部門「『英語の否定構文』再考――古英語から初期近代英語まで」2003年5月25日. 成蹊大学

“The Development of Non-assertive Any in Later Middle English and the Decline of Multiple Negation”. 日本英語学会第20回大会. 2002年11月17日. 青山学院大学.

“'God fobid!’: A Historical study of the Verb forbid in Different Versions of the English Bible”. 京大英文学会. 2002年11月9日. 京大会館.

「アカデミックスピーカーの発話語数のジェンダー差――Corpus of Spoken Professional American-Englishの分析から――」(家口美智子・家入葉子・岡部浩子)英語コーパス学会創立10周年記念第20回大会. 2002年10月5日. 名古屋大学国際開発研究科.

God forbid! Revisited: A Historical Analysis of the English Verb forbid”. ICEHL12: Twelfth International Conference on English Historical Linguistics. 21 August 2002. University of Glasgow, Scotland.

「通時的英語コーパスを利用した特定語彙の研究――Forbidが取る構文の発達について――」(“Historical Development of the English Verb forbid: A Corpus-based Approach”)日本英語学会第18回全国大会シンポジウム「コンピュータコーパスで探る言語変化」(甲南大学). 2000年11月18日.

「英訳聖書のコーパスにみられるforbid構文の発達」(“Syntactic Development of the Verb forbid: A Study of the Bible in English”)英語史研究会第4回大会(九州大学). 2000年9月30日.(発表要旨は『英語史研究会会報』4:22.)

「MEに於けるAnyの発達」(“Development of Any in Middle English”)日本中世英語英文学会第14回全国大会シンポジウム「中期英語の多様性」(山口県立大学). 1998年12月6日.(発表要旨はStudies in Medieval English Language and Literature 14 [1999]: 165.)

"Negation in the Two Versions of Malory's Morte Darthur: A Review of Tieken-Boon van Ostade (1995)". Professor P. Field's Seminar at Nagoya (Nagoya University). 10 December 1997.

"Standardization of English and the Decline of Multiple Negation: A Case of Caxton's Reynard the Fox". International Conference on the Standardisation of English (University of Cambridge, U.K.). 4 July 1997.

"Negative Contraction in Middle English Verse and Chronological Conditions". GLAC 2 (Society for Germanic Philology) (University of Wisconsin at Madison). 27 April 1996.

“MS Cotton Nero A.x. Poems Once Again: A Study of Contracted Negative Forms “. The Kyoto Conference on English Historical Linguistics and Philology (Doshisha University, Kyoto). 3 November 1995.

“Multiple Negation in Middle English Verse”. Negation in the History of Englishに関する研究者会議 (University of Leiden). 16 December 1994.

“Double Negation in Early Modern English”. The Middle-Ages after the Middle-Ages in the English Speaking Worldに関する研究者会議 (ソルボンヌ大学). 1994年9月15日.

「MEの韻文における否定構文の発達」日本英文学会第66回全国大会(熊本大学). 1994年5月22日.(発表要旨は『英文学研究』71 (1995), pp. 248-9.)

「MEにおける否定縮約形」日本中世英語英文学会,第9回全国大会(慶応義塾大学). 1993年12月5日.(発表要旨は Studies in Medieval English Language and Literature 9 (1994), p. 125.)

“Negative Constructions in the Brut”. First International Conference on Layamon's Brut (University of Lausanne). 24 August 1992.

「『カンタベリ物語』における否定構文-Ne, ne...not, notの競合」日本英文学会九州支部第41回大会 (大分大学). 1988年10月.


講演等 

Back to Y. Iyeiri's Home
Copyright © Y. Iyeiri, 2003-2016